【プレスリリース】サービス概要

メディア向けに発行したプレスリリースを掲載します。

デザインの専門家が「創る」デジタルサイネージサービス
レストラン、ヘアサロン、ホテル等の店舗用サイネージサービスを得意とし、カスタムオーダーメイドのデジタルサイネージを提供するデザイン集団 KULASTA(クラスタ、本社:東京都世田谷区、代表者:冨山勝)が、デジタルサイネージに必要なコンテンツマネージメント、動画制作、機器カスタム、お客様の動線に合わせた設置ロケーションデザインを全ておこなう、日本初のデザイナーによるデジタルサイネージサービスを開始いたしました。

デジタルサイネージが普及拡大していく現在。ディスプレイモニターはお店の顔になる、重要な希求ポイントとなりました。インフォメーションのみを表示するのではなく、サイネージモニター上で「どのように個性を打ち出すか」他店との明確な差別化とコンテンツ更新によって「イメージをコントロール」することに、求められる表現が変化しています。デザインを通してコミュニケーションをとりながらサイネージを最適化運用していくことができるよう、デザイナーが完全サポートするサービスを「こだわりある小規模のお店」でもご利用いただけるサービスができないかと模索し、クラスタを立ち上げました。

<KULASTAのデジタルサイネージデザインの3つの特徴 -他社との違い- >
1.デザイン思考でブランディング・コンテンツを中心に考えます。
一般的なデジタルサイネージサービスは家電メーカー、システムベンダーのパッケージ化されたシステムの「販売」に重きが置かれており、必ずしもブランディングやコンテンツにこだわっていると言えないのが現状です。KULASTAは、お店づくり・顧客づくりの観点で必要なことをコンセプトレベルから考え、カスタムメイドします。

2.あるべきコミュニケーションをデザインします!
デジタルサイネージ導入の目的は、お客様とコミュニケーションし、信頼を築くことによって「見込み客が増える」ことです。KULASTAは、見映えが良いサイネージではなく、お店の見込み客を増やすサイネージを作ります。

3.日々の業務運用が行いやすいデザインを考えます!
デジタルサイネージ導入はウェブサイトと同じように、日々の業務に組み込んで適切な更新を行うことで最大の効果を発揮します。更新されずに放置されると、お店の現状とは合っていない不要なイメージ動画が連続再生され続けることになり、ブランディング面でマイナスとなることがあります。KULASTAは、継続的なコンテンツ制作・運営、広告宣伝の知見抱負なパートナー企業とともに、「今、お客様に何がどのように伝わるべきか」、本来のポテンシャルを引き出す見せ方、運用方法をご提案します。





デジタルサイネージのこと、ご相談ください。
クラスタサイネージ

タッチパネル、動画、SNSなどコンテンツデザインから、更新、システムまでオールインワンできめ細かく対応いたします。どのようなご質問にもお答えいたします。